レース展望・出場予定選手

SG
  • G3丸亀
    10/11(水)
  • 多摩川
    10/11(水)
  • G1
    10/12(木)、13(金)
  • 若松
    10/12(木)、13(金)
  • G1桐生
    10/14(土)〜16(月)
ふく〜る下関 オープン5周年記念 山口シネマ杯
10/11(水)・12(木)・13(金)・14(土)・15(日)・16(月)
【本場開門】10/11(水)〜16(月) 14:00
今期F2の赤岩が今年5回目の優勝を狙う!
SGレーサーの赤岩が下関ナイターに初登場! 自慢の電撃スタートで当地2回目のVを狙う松村に、攻撃力が増した村岡も楽しみ。地元の長尾&松田も全力を尽くす!
 昨年8月の当地戦で優勝した赤岩善生(愛知)が約1年ぶりに下関に登場する。8月常滑で2018年前期審査期間中痛恨の2回目フライングをきってしまったが、来年の浜名湖SGクラシック出場権獲得となる優勝5回目へマジック1が点灯しているのは見逃せない。直後の平和島SGダービーを走り終えた後はF2休みが控えているだけに、何としてでも優勝を決めておきたい。
 2年ぶりのSG出場となった今年の児島クラシックを予選4位で突破した松村敏(福岡)も優勝候補に挙がる。早いスタートが厳禁の赤岩に対して、松村は今期フライングを持っていない大きな利点がある。今年平均コンマ12の電撃スタートでスリットを果敢に攻める。スタートの質が良くなり、攻撃力が大幅に増した村岡賢人(岡山)も注目株。2期連続となるA1級維持への戦いから目が離せない。当地前回戦はオール舟券絡みで主役級の走りを披露した伊藤啓三(埼玉)、当地SG、G1戦の優出歴がある小畑実成(岡山)も再び存在感を示したい。藤生雄人(群馬)鳥居塚孝博(群馬)ら群馬コンビも柔軟自在なハンドルさばきで上位進出を外さないだろう。
 地元の砦を守るのは長尾章平(山口)松田憲幸(山口)だ。当地優出22回、そのうち優勝3回の実績は誰にも負けない長尾だが、前回8月戦はまさかの予選落ち。リベンジを誓って再び参戦する。
3946
赤岩善生(愛知)
A1
UP