レース展望・出場予定選手

G3
  • 蒲郡
    4/14(土)
  • G2常滑
    4/14(土)、15(日)
  • 若松
    4/15(日)〜18(水)
  • 平和島
    4/16(月)
  • G1福岡
    4/17(火)〜19(木)
  • 桐生
    4/19(木)
オールレディース競走 ジュエルセブンカップ
4/14(土)・15(日)・16(月)・17(火)・18(水)・19(木)
【本場開門】4/14(土)〜19(木) 14:00
最強女子・平山の復帰2戦目!
平山の復帰2戦目の走りに注目が集まる。中谷、五反田、津田のA1級3名も負けられない。地元の佐々木と向井は地の利を行かせるか。
 平山智加(香川)が産休から戻ってきた。2013年に尼崎60周年でG1初優勝、2016年の福岡SGダービーでは女子初のドリーム戦1号艇を獲得、堂々と逃げ切り1着を獲った。今年3月丸亀で復帰、今回が2戦目となる。実力は誰もが認めるところで、ポイントはレース勘が戻っているか否かに尽きる。実力を発揮できる状態に達していれば、優勝候補の筆頭になることは間違いない。
 中谷朋子(兵庫)は2月の当地「週刊実話杯」で優出。岡崎恭裕、市川哲也といったSG覇者を相手に一歩も引かない、素晴らしいレース内容だった。2期連続A1級キープへ勝率を稼ぎたい五反田忍(大阪)はまくりで1着を稼ぐ攻撃的な走りが魅力だ。
 地元からは津田裕絵(山口)佐々木裕美(山口)向井美鈴(山口)の3人娘が遠征陣を迎え撃つ。津田は1月大村で待望の初優勝を飾った後も好調をキープしている。向井も今期6点勝率をマークと復調中だ。佐々木は今年2月の尼崎で優勝と良いリズムだったが、3月のびわこG2レディースオールスターでフライングを切った。期末でやや走りが慎重になるか。
 ベテランでの渡辺千草(東京)は、差し一手のレーススタイルで大崩れなくポイントを稼ぐ。角ひとみ(広島)水口由紀(滋賀)も持ち前の技を駆使して上位進出を図る。
4017
向井美鈴(山口)
B1
UP