レース展望・出場予定選手

SG
  • 若松
    5/11(金)、12(土)
  • G1宮島
    5/11(金)〜15(火)
  • 住之江
    5/13(日)〜16(水)
  • G3唐津
    5/16(水)
COME ON!FM CUP
5/11(金)・12(土)・13(日)・14(月)・15(火)・16(水)
【本場開門】5/11(金)〜16(水) 14:00
名人・江口晃生が全24場制覇に挑戦!
今シリーズ最大の注目は、江口が全24場制覇を達成するかどうかだ。近況絶好調の北村が襲い掛かる。三角、松村、三井所、市橋のG1覇者も優勝候補。地元は森野が気合の走りを見せる。
 江口晃生(群馬)の全24場制覇に期待が懸かる。2014年12月の宮島一般戦で23場目の優勝を飾り、全24場制覇へ残すは下関のみ。宮島での優勝以降は当地を6節走ってそのうち優出4回とチャンスはあったが、2017年3月一般戦、そして前回の今年3月戦では準優勝と、それだけに今回こその思いは強い。今年は1月の平和島G1での優出2着で勢いに乗ると、2月の桐生一般戦、3月の当地一般戦でも優出2着。3月の戸田一般戦では優出3着と結果を出し続けている。リズムの良さは申し分ないだけに、コース取りから積極的なレースで全24場制覇を成し遂げたい。
 近況絶好調の北村征嗣(大阪)が対抗一番手。今年初戦の1月尼崎一般戦で優勝を飾り、そこから優出ラッシュが続く。当地も2008年8月一般戦で優勝歴があり、前回の2017年8月一般戦でも優出と相性面にも不安はない。松村敏(福岡)は速攻力を武器に豪快なレースで1着獲りに徹する。近況は優出が遠くなっているのは気になるところだが、優勝歴がある得意水面で期待に応えたい。
 当地で複数回の優勝実績があるのは市橋卓士(徳島)吉永則雄(大阪)の二人。近況リズムはイマイチだが、相性の良さを生かして優勝争いに加わるだろう。三角哲男(東京)三井所尊春(佐賀)は伸びを重視した攻めのレースを仕掛ける。新進気鋭の森野正弘(山口)が地元水面で強力遠征陣に立ち向かう。
4601
森野正弘(山口)
A2
UP