レース展望・出場予定選手

SG
  • 若松
    5/26(金)、27(土)
  • SG福岡
    5/26(金)〜28(日)
  • 蒲郡
    5/28(日)
  • 住之江
    5/29(月)〜31(水)
  • 徳山
    5/29(月)〜31(水)
BOAT Boy カップ
5/26(金)・27(土)・28(日)・29(月)・30(火)・31(水)
【本場開門】5/26(金)〜31(水) 14:00
ナイター初登場の地元・吉村が主役!
自在派に転身した正木、アウトでも強い矢後、スタートで先制する埼玉勢とバラエティ豊かな遠征勢を相手に、地元・吉村が『海響ドリームナイター』初出場&初Vを狙う!
 シリーズの中心は『海響ドリームナイター』になって初登場の地元・吉村正明(山口)だ。当地ナイターは初めてでも今年1月のG1周年、現行モーターの3月一般戦で連続優出しており、今回も主役の座は譲らない。
 対して、自在派レーサーに転身した正木聖賢(広島)が吉村に待ったをかける。当地正月戦は準優で敗れたが、その前の企業杯では3連勝で優出。今期は7点台の勝率と多彩な勝ち方からも好調ぶりがわかる。そして、4月若松企業杯で優出して上昇ムードの鳥飼眞(福岡)も優勝争いに絡んでくるだろう。
 技で勝負するのはPG1マスターズチャンピオンに出場した矢後剛(東京)山田豊(滋賀)だ。矢後はコース不問で戦えるのが強みで、山田は「今は何でもできなアカンという時代」とまくりも差しもこなす。イン1着率が70%近くあり、狙いやすい永田啓二(福岡)と差し主体のレースで大敗知らずの田中和也(大阪)も上位進出を外さない。鈴木賢一(埼玉)濱崎直矢(埼玉)中村尊(埼玉)の「埼玉トリオ」は迫力のスリット攻勢でスタンドを沸かす。
 穴党には「新期は仕事一本に情熱を注ぎます!」と気合が入っている乃村康友(三重)を推奨。パワーのあるモーターが渡れば侮れない。
4618
乃村康友(三重)
B1
UP